クラウドソーシングで稼ぐのは難しい!新規利用者は信用をつくるまでの道のりが長い。

おしゃべり

Youtubeを見ていると、最近ホリエモンがよくクラウドワークスという単語を出します。堀江さんはクラウドソーシングに対してポジティブな意見を持っていて、安月給のサラリーマンにしがみつくよりも、クラウドソーシングとかを上手く利用すれば、時間もお金も今よりも充実させられるんじゃない!?という考え方をお持ちのようです。

確かに、クラウドドソーシングの良いところだけ見れば私もそう思います。ただ私が実際にクラウドソーシングを利用してみて感じたこと、それは・・

全然受注できない

受注もスキルだと言われればそうなんですが、割の良い案件には人が群がります。人が群がればもちろん受注競争となりますが、発注者目線で考えると価格よりもまずは信用だと思います。めちゃくちゃ安く発注できたとしても途中で投げ出されたり、追加費用ばっかり請求されるみたいなトラブルも面倒です。まずは予算内でシッカリ仕事をやり遂げてくれそうな人を探すのではと。そうなると見られるのが受注履歴

私が利用したのは大手2社(クラウドワークスとランサーズ)ですが、どちらのサービスも受注履歴はもちろん、発注者からの評価などもステータスとして記録されます。サービスを利用したばかりの新参者は受注履歴が0件で評価もなし。まあ、倍率の高い案件はまず受注できないと思います。

なので、希望を求めてクラウドソーシングに流れ込んだとしても、早々に美味しい思いをするのは難しい。道のりとしては頑張ってプロフィールを作って、数撃ちゃ当たるで何十件も提案して、ようやく受注できた人気のない仕事で積み上げた実績をもってして割の良い仕事を刺す!こんな感じでしょうか。

最先端やマイナーなスキルに特化している人はその限りではないかもしれません。ただそういう仕事は母数が少ないですし、母数の多いメジャーなスキルの案件だと、受注履歴も多くてスキルの高い人がウジャウジャしているので難易度高めです。パソコン触れれば誰でも出来るような仕事(名刺画像の入力とか)だと募集人数も多いので受注はしやすいですが、そういった仕事は単価が激安です。発注者側も空き時間を上手く利用したい主婦なんかをターゲットにしています。

と、まあ、ここまでけっこうネガティブな感じで書いていますが、私ももう少しクラウドソーシングを利用したいとは考えています。最近はまとまった仕事が入ったのでかなり手薄になっていましたが、そろそろ本腰を入れて活用してみようかなと。というか、クラウドソーシングを今後も利用するかをちゃんと判断しようかなと。

今回はダラダラと書きなぐりましたが、まだ書き足りないこともありますし、数ヶ月前にクラウドワークスのクラウドコーチングという教材も受講しているので、その辺の体験談なんかもキレイにまとめて書いてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました